移転しました 移転しました インテル、1TBSSDを今年中にリリース? - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

インテル、1TBSSDを今年中にリリース?  


2万円以下でお願い
「さらに薄く、さらに速く…」

IntelのSSDはパフォーマンス(性能)を求める
PCユーザーに高い評価を受けているが、今年、
さらなる進化を遂げるようだ。

昨年12月にIntelはMicron 20nmプロセスの世界最小
NANDチップを発表している。このNANDチップは
128GbのMLCタイプで、いわゆる「量産型」である。理論上の
最高速度は400MB/secとされており、128Gbという高い容量と
高速性を両立する。たとえば128Gb(バイトではなくビット
であることに注意が必要だ)が8個なら128GBに、
8個1セットとして8セットなら1TB、16セットなら2TBの
ディスクが出来上がる。



また小型化されたことで今後はスマートフォンへの
搭載も期待できるようだ。

現状で、20nm製造プロセスSSDに搭載されたONFI 3対応
コントローラが存在しておらず、登場は2013年になるとされており、
今年登場するモデルはONFI 2コントローラを搭載した、
20nm製造プロセスの64GBモデルだとされていた。

しかしTechreportが報じるところによれば、2012年に登場する
Intel製SSDは20nmプロセスの128Gbチップ搭載モデルだという。
しかもこのNANDチップを搭載したモデルは最大容量が1TBまで存在するそうだ。

詳細は今のところ不明で、Intelの5シリーズ/7シリーズの
後継となるのかもわからない。おそらく独自のファームウェアと
サードパーティ製のコントローラーを搭載してくるのではないかと予想される。

個人的にはスマートフォンに高速なストレージとしての
SSD内蔵には、非常に興味がある。どちらかといえば本来、SSDは
ノートPCや携帯電話など、筐体サイズに制限がある電子デバイスに
向いているはずだ。スマホの内蔵ストレージが高速化されれば、
そのうちPCが本当に”不要”な時代が来てしまうかも。APPGIGA!!(アプギガ)



Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 64GB CT064M4SSD2
関連記事
スポンサーサイト

category: PC全般

thread: ハードウェア - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/2008-ca3ca7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。