移転しました 移転しました アメリカで「暴力ゲーム増税案」が提出される - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アメリカで「暴力ゲーム増税案」が提出される  


本日のとんでも法案
とりあえずゲーム叩いとけ的な。

米国オクラホマ州のウィル・フォーキル議員が
「暴力ゲーム増税案」を議会に提出したとarts technicaが
レポートしてくれました。


フォーキル議員が提案する案とは、1%の税を暴力ビデオゲーム、
具体的にはレーティング審査を受ける全てのコンピューター/
ビデオゲームに課すというもの。『GTA』といった年齢制限タイトル
からDS用10代向けカードゲームまで、幅広くカバーされてしまいます。



「とあるリサーチによれば、ビデオゲームと肥満やいじめの
関連性は証明された」とTVのインタビューに答えたフォーキル議員。
税金から得られた収入は「子供向け屋外活動」や「いじめ防止」の
財源に充てられる様です。

もし可決されれば不利益を被る米国エンターテインメントソフトウェア協会は
本法案に対し、「似たような条例が最高裁で違憲と判断されている中、
まだこんなことを言う人間がいるとは失望だ」とバッサリ。


米国の下院は2年ごと再選挙が行われます。時々、選挙向けの
知名度アップのためにトンデモ法案を提出する議員も見うけられますが...
まさかフォーキル議員はそんな一人じゃないですよね!Kotaku JAPAN
関連記事
スポンサーサイト

category: 海外

thread: 海外ニュース - janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1984-28070361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。