移転しました 移転しました マイクロソフト「Googleのプライバシーポリシー変更はマジヤバイから、ウチを使った方が安全ですよ」 Google「おい」 - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

マイクロソフト「Googleのプライバシーポリシー変更はマジヤバイから、ウチを使った方が安全ですよ」 Google「おい」  


マイクロソフト、ここぞとばかりにグーグルを批判
 米Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約の
更新はユーザーのためではなく、広告主向け
ユーザーデータの価値を高めるのが目的――。
米Microsoftは2月1日(現地時間)、Googleの
プライバシーポリシー更新に不満を持つユーザーを
自社サービスを紹介する全面広告を米新聞大手数紙に
掲載すると発表した。



 Microsoftは「Googleの更新は、人々が自分の
情報を管理することを従来より難しくする。Microsoftは
違うアプローチをとっている」とし、Microsoftの
サービスは安全で、ユーザーデータをユーザーのHDDにも
クラウド上にも保存できる選択肢を提供していると主張する。

 「あなたがもしGoogleの発表に不満もしくは不安あるいは
両方なのであれば、われわれはあなたのためにすばらしい
代替サービスを用意している」と、Hotmail、Bing、
Office 365、Internet Explorer(IE)を勧める。

 「Putting people first(お客様第一)」と大きく
書かれた新聞広告には、広告用品の価値を高める努力は
間違っていないが、ユーザーの便宜を犠牲にするべき
ではないともある。

 これに対しGoogleは同日、公式ブログで反論した。このブログで
Googleは、Microsoftの「誤解」に対する「真相」を1つずつ説明している。

 例えば、Googleがユーザーデータをまとめるのは広告主の
ためではなく、サービス同士の連係を強めることでユーザーの
使い勝手を高めるのが目的だと主張
Microsoftのプライバシーに
関する取り組みがGoogleよりも良いという「誤解」に対しては、
「われわれは他人のポリシーにとやかく言うつもりはない」と
断った上で、MicrosoftにはGoogleが提供しているような
データエクスポートツールもプライバシーダッシュボードも
なく、プライバシーポリシーには「あるMicrosoftのサービスで
収集された情報は他のMicrosoftのサービスで収集された情報と
まとめられることがある」と書かれていると指摘した
ITmedia ニュース


そして、Microsoftが皮肉たっぷりの動画を作成



アップロードはマイクロソフト



炎上と知財紛争は IT 業界の華。Google の統合プライバシー・
ポリシーをめぐり、ライバルのマイクロソフトが批判を強めています。

まずは "Putting People First" と銘打ったキャンペーンに
ついて。Wall Street Journal や New York Times、
USA Today などの新聞に掲載される大型広告で、
Google の新プライバシーポリシーは「透明性」とか
「シンプル化」とか「一貫性」とか言っているけれど、
その真意は「あなたが Google のサービスで検索し、
送信し、発言し、ストリーミングしたすべてを、Google が
容易に結びつけられるようになる」一点だけにすぎない、
「Google が収集し、あなたと結びつけたすべてのデータは、
広告主にとってのあなたの価値を向上させる」と、Google の
統合ポリシーを真っ向から槍玉に挙げています。

MS に言わせれば「広告の品質を向上させようとするのは
本質的に悪いことではない」ものの、Google の統合
アプローチは「自分のパーソナルな情報を、自分で
管理するのが難しくなる」との話。バランスを取るべし、
と諭しています。そして結論は、Hotmail、Bing、
Office 365、Internet Explorer という MS の
(幸か不幸か統合されていない)サービスを使おう、
というものです。



また、並行して MS は Gmail Man という、Gmail をかなり
痛烈に揶揄した動画も公開しています。Gmail Man は手紙を
勝手に盗み見て、広告をくれるという郵便配達員のお話
(「私のメールを見たの?!」「いや、スキミングしただけです」)。
動画自体は MS の制作によるものとして去年から各所で話題に
なっていましたが、このタイミングでマイクロソフト公式
アカウントに公開されました。Gmail 広告の問題自体は
今更ながら、分かりやすいところを掘り返してきたという感じ。
かつて「悪の帝国」とまで呼ばれた MS が、「邪悪になるな」が
モットーの Google を批判するという、なんというか、時代は
変わりました。

一方の Google も反響に問題を感じたのか、「プライベート情報は
引き続きプライベート情報として取り扱う」「Google アカウントで
ログインしなくても検索や YouTube は引き続き利用できる」
「プライバシーツールだってある」など、ポリシー変更の意図を
あらためて説明しています。ただ「俺達の情報を集めて広告に
使うつもりだろう!」と言われれば、まあそうですとしか
言えないわけで、Google が批判にどう対処していくのかは
見物になりそうです。 Engadget Japanese
関連記事
スポンサーサイト

category: イノベーション ネット

thread: ITニュース - janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1955-1c6d2a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。