移転しました 移転しました タイタニックから100年、あのときの遺族が座礁した豪華客船にいた模様 - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

タイタニックから100年、あのときの遺族が座礁した豪華客船にいた模様  


ちょうど100年目の悲劇
 イタリア中部沖で豪華客船
コスタ・コンコルディア(乗客乗員約4200人)
が座礁し11人が死亡した事故で、生存者の中に、
1912年のタイタニック号事故に遭った乗員の
遺族が含まれていることが18日、ANSA通信
などの報道で分かった。ちょうど100年前の
惨事で犠牲になった大伯父のことを祖母から
聞いて育ったというイタリア人女性(30)は
「(大伯父の)体験がよみがえったようだった」と
恐怖を振り返った。



 イタリア南部アベリーノ出身のバレンティノ・
カプアノさんは、男のきょうだいの
アレッサンドロさんとともに、100年前に
親族が見た悪夢を追体験した。大伯父の
ジョバンニさんは、25歳のときにイタリアから
ロンドンに移住し、ウエーターとしてタイタニック号
に乗り込み、沈んだ船と運命を共にした。米国に
移住するのが夢だったという。



 祖母のマリアさんから大伯父の悲劇を
聞かされていたバレンティナさんは
救出されたものの、いまも事故を思い出すと
興奮して動悸(どうき)がするという。
「(大伯父の)体験がよみがえったようだった」
と振り返っている。ANSA通信の記者は、
記事で「いつの日か彼女も孫たちに、
このひどい体験を語る日があるだろう」と記した。

 18日付のイタリア有力紙「ラ・レップブリカ」で、
バレンティナさんは「タイタニック号の時は、
イタリア人の大伯父が移民だったように、
今回もアジア系の移民がボーイとして働いていた。
乗客を救命ボートに乗せる手助けをしていた彼らは
助かったのだろうか…」と話している。

 また、この船が乗客や島民を喜ばせる「壮大なショー」を
演出するため、ジリオ島のすぐ近くをたびたび
航行していたと、島民らが17日までに証言した。
島民らによると、毎年複数回、豪華客船が汽笛を
鳴らしたり、多くの照明を点灯したりして島に接近。
乗客のほか、島民や島を訪れた観光客に人気だった。

 地元紙はこの船が昨年8月にも、甲板の照明を
ともして島のすぐ近くを通過したと報道。島の
オルテッリ村長はその直後、船側に「素晴らしかった」と
感想を伝えていた。

 現地メディアによると、島から約150メートルまで
近づき、船を座礁させたスケッティーノ船長(52)は
事故直前に島出身の給仕長を呼んで「見ろ、
君のジリオ島だ」と言ったとされ、給仕長に故郷を
見せようとして接近しすぎたとの見方が強い。

 沿岸警備隊は18日朝、船が高波で動いたため
行方不明者22人の捜索を一時中断した。スポーツ報知

あと、タイタニックのDVDがかなり安くなってます



タイタニック アルティメット・エディション [DVD]
関連記事
スポンサーサイト

category: 海外

thread: 海外ニュース - janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1723-c933b411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。