移転しました 移転しました Windows 8 の新機能「リセット」と「リフレッシュ」解説 - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Windows 8 の新機能「リセット」と「リフレッシュ」解説  


Windows8、相当期待できそうですね
マイクロソフトがWindows 8 (仮) で導入する新機能
" Reset " と" Refresh " の詳細を明らかにしました。
リセットとリフレッシュ(和名未確定)は、Windows をより
シンプルで使いやすくするために追加される「元に戻す」機能。
リセットはアプリや設定、個人データなどをすべて消去し
出荷時に戻すもので、従来のWindows PCではメーカーにより
用意されていた場合もあるリカバリに相当します。一方の
リフレッシュは、リセットと同様にWindows OSそのものは
クリーンインストールしつつ、アカウントや無線接続など
重要な設定と個人データ、Metroスタイルアプリをそのまま
保持する機能。それぞれの特徴と使いどころをまとめると:

Reset

設定、個人データ、アプリをすべて消去。OSをクリーンインストールし
出荷状態に戻す。メーカーによるリカバリと同様、ドライバなど必要な
ソフトウェアは含まれる。使い道は完全にやり直したいとき、PCを人に
譲ったりリサイクルに出すときなど。実行時にデータの消去オプションを
選択する。" Thorough " (徹底)ではディスクをランダムなパターンで
上書きするため、一般のデータリカバリソフトウェアなどでHDD/SSDから
データを復元することが困難になる。" Quick " はクイックフォーマットのみで高速。

Refresh

主要な設定、個人データ、Metroスタイルアプリを保持したまま、OSを
再インストールする。ユーザーアカウントやWiFi/モバイルネットワーク
接続設定、壁紙などは保持されるため、再セットアップから始める
必要なくそのままWindowsが使える。そのほか保持されるのは
ドライブレター設定、BitLocker 暗号化設定など。

復元してしまうと問題を再現しそうな設定はデフォルトに戻る。
ファイルの関連付けやディスプレイ設定、Windowsファイヤウォール
設定など。なにを標準で残してなにをデフォルトに戻るかは
プレビューのフィードバックから現在も選定中。

使い道は従来でいう「大切なデータと設定をバックアップして
クリーンインストール」に近い。ただしデータを外部に
バックアップして書き戻す必要がないため高速。
アプリで保持されるのは、マーケットからインストールする
Metro styleアプリのみ。従来型のデスクトップアプリは
インストーラが提供元によってまちまちで個別に正しく
再インストールする方法がないこと、また問題を起こすアプリも
復元してしまうことを避けるため。ただし環境の再設定を
助けるため、消去したアプリ一覧のHTMLファイルがデスクトップに
作成される。



といったところ。またどちらもWindows 8 の標準機能として
アクセスできる点もポイントです。従来のWindows PCでは
リカバリイメージがメーカーにより提供される 場合とされない場合が
あり、方法も外部メディアを使ったり隠しパーティションだったり、
アクセスするには起動中に特定タイミングで特定のキーを長押しする、
メーカーにより異なるメニューを辿るなどバラバラでした。
Windows 8 の Reset / Refresh はどのPCでも、設定 - 一般の同じ
場所から開始できます。マイクロソフトもMSDNのBlogでたびたび例に
挙げているとおり、電話で素人に状況を説明させつつ遠隔サポートを
させられた経験のある人には特にうれしい点です。またシステムが
そもそも起動しない場合、Windows 8の標準機能であるWindows RE
(Recovery Environment)が別パーティションから立ち上がって
グラフィカルなメニューでReset / Refreshなどのオプションを選択できます。



さて、Reset と Refreshは「誰でも簡単に」系の新機能ですが、
「Windowsはクリーンインストールと必須アプリの導入・設定を
済ませた時点で自前リカバリイメージを作成するのが基本だろ」
という上級ユーザーのために、マイクロソフトはコマンドラインの
新ツール recimg.exe も用意しています。recimg.exeでは任意の
時点でデスクトップアプリを含む完全なイメージを作成することが
可能。さらに、システム機能のリフレッシュで復帰する先に
recimg.exeで作成した自前イメージを設定することもできます。
recimg.exe はWindows 8 のDeveloper Preview に初期バージョンが
同梱済み。製品版に向けて今後も改良が続けられます。

Engadget Japanese
関連記事
スポンサーサイト

category: OS

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1595-0a74dd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。