移転しました 移転しました 石原都知事「芥川賞候補がバカみたいな作品ばかりで読むのがしんどい。選考委員だから読むけど」 - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

石原都知事「芥川賞候補がバカみたいな作品ばかりで読むのがしんどい。選考委員だから読むけど」  


語る都知事
芥川賞の選考委員を務める東京都の石原慎太郎知事は
6日の定例会見で、いまの若手作家に欠けているものに
ついて、こう語った。石原知事は「太陽の季節」で
第34回芥川賞を受賞している。

石原知事は「(作品に)心と身体、心身性といった
ものが感じられない」と指摘。「見事な『つくりごと』でも
結構ですが、本物の、英語で言うならジェニュイン
(正真正銘)なものがない」と述べた。石原知事は
昨年11月の会見でも「みんなマーケティングで、
同じ小説家がくるくる違うことを書く。観念というか、
自分の感性でとらえた主題を一生追いかけていくのが
芸術家だと思う」などと語っていた。



第146回の芥川賞候補作は6日付で発表され、
17日に選考委員会が開かれるが、石原知事は
「苦労して読んでますけど、バカみたいな作品ばっかりだよ」
とぼやくように話した。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120106/art12010617100001-n1.htm
関連記事
スポンサーサイト

category: 日本

thread: 読書 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1583-d7c3bd90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。