移転しました 移転しました サイバー攻撃の標的に適しているのはどこ?→日本 - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

サイバー攻撃の標的に適しているのはどこ?→日本  


日本、アウト~
株式会社ラックは12月16日、都内でプレス向けの
ブリーフィングを開催し、同社取締役最高技術責任者の
西本逸郎氏が、「ゆく年くる年」と題して本年の
情報セキュリティ総括を行った。



まず同社事業推移として、同社セキュリティ
オペレーションセンターJSOCの監視センサー数は、
震災以降一時的に減少するもその後ソニー社への一連の攻撃の
影響により増加に転じ、さらに9月以降の政府・防衛産業への
攻撃が明るみに出たことで急伸した。ペネトレーションテストの
受注も9月以降増加を続けており、予算規模が大きい案件が増えている。

西本氏は、2011年のセキュリティを表す今年の言葉として、
震災によってIT依存への認識が深まった「ディザスタリカバリ」、
ゴールドラッシュ状態にありアプリケーションの民主化を進める
「スマートフォン」、社会的メッセージを伴うパターンと民族国家による
諜報活動の場合がある「標的型(攻撃)」の3つの言葉を挙げた。



つづく2012年の予測の中で、サイバー空間での主導権争いとそれに伴う
秩序形成が進み、サイバー諜報活動への対策が急務であると述べた。

また、同氏は、自身の主観に基づくものであることを前置きしたうえで、
「攻撃力(5段階評価)」「防御力(5段階評価)」「戦力(攻撃+防御の
10段階評価)」「守るべき資産(10段階評価)」の4つの指標をもとに、US、
ロシア、中国、韓国、ならずもの国家、テロリスト、ハッカー集団の8つの
国家または非国家組織について、サイバー戦力と脆弱性を分析した表を
披露した。守るべき資産の指標を戦力の指標で割り算をすることで、
相対的な攻撃への弱さを数値化する。



この、西本氏の主観に基づく試算によれば、日本は攻撃力は最も低く、
防御力も最低レベルである一方、守るべき国家・防衛機密や知的財産などが
米中に次いで高い数値であるため、相対的にサイバー的に最も脆弱な国家に
なっており、日本こそが標的となっていると述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111230-00000000-scan-secu




関連記事
スポンサーサイト

category: イノベーション ネット

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1497-2ee97a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。