移転しました 移転しました ニートになりやすい若者、研究結果 - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ニートになりやすい若者、研究結果  

失敗後、やる気失いがち ニートになりやすい若者

ニート(若者の無業者)やひきこもりになる心理的傾向が強い若者は、
失敗後にやる気を失いやすいことが、日米の研究者による
京都大の学生への心理実験から分かった。ニートやひきこもりの支援で
「失敗しても自分は駄目だと思わせないようなメッセージが大切」という。
米国の学術誌「ジャーナル・オブ・ソーシャル・イシュー」で26日までに
発表した。研究グループは、京大こころの未来研究センターの内田由紀子准教授、
米ミネソタ州立大のビナイ・ノラサクンキット准教授ら。



ひきこもりの若者への調査も踏まえ、「働く意味が見いだせない
」「自分は知識や技能が低い」などひきこもりになりやすい心理的傾向
を測る指標を設定。京大生にアンケートし、ひきこもり傾向が強い群と
弱い群に分け、それぞれに課題(連想クイズ)をしてもらった。
課題の結果を伝えた上で、任意で新たな課題を行った107人について、
課題に取り組む時間の長さから「やる気の強さ」を推定した。

最初に成功(正答率が高い)した場合、ひきこもり傾向が強い群と
弱い群は、次の課題に取り組む時間はそれぞれ542秒、495秒で、
有為な差はなかった。一方、課題に失敗(正答率が低い)した場合、
ひきこもり傾向が弱い群は598秒と粘り強く取り組むのに対し、
強い群は343秒と短かった。
内田准教授は「京大以外の学生でも同じ傾向を示すのではないか。
ニートやひきこもりの若者の支援において、若者がほめられたり、
感謝されたりする成功体験が重要になる」と話している。

http://alfalfalfa.com/archives/5019679.html
関連記事
スポンサーサイト

category: 実験 研究

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1449-04736afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。