移転しました 移転しました ドイツではテストに正解しても○はつけない?イメージの違い - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドイツではテストに正解しても○はつけない?イメージの違い  


何度かドイツについては取り上げてきましたが
今回もドイツです。
○と×のイメージが日本人とは全然違うようです。
motto_marudesu_title.jpg
師走に入り、日本各地で開催中のイルミネーション点灯式。
「3、2、1、スイッチ オン!」の決まり文句を聞いて
思い出したのが、いまだに悩んでしまうドイツの
電源スイッチの表示。日本で一般的な電源スイッチの
ように、「切と入」、または「ONとOFF」のように
単語で表示してくれれば一目でわかるのですが、
ドイツでは、「-と◯」のように記号で表示されている
ことが大半なのです。

当然ながら、「-か◯」のどちらかが「切る」で、
もう一方が「入る」を表すわけですが、これがなかなか
頭の中のイメージと結びつかないのです。例えば、台形と
平行四辺形を見せられて、どちらかが「切る」で、
もう片方が「入る」ですよと言われているくらい、判断に
悩む選択です。あえて言うならば、「-」は消えている
イメージ、「◯」は電源が入っているイメージを
抱きがちですが、ドイツではちょうど逆。
「-」は「点灯」で、「◯」が「消灯」を表す記号です。

「◯」という形を見たドイツ人は、日本人のように
「丸」とか「円」ではなくて、数字の「ゼロ」を
思い浮かべるようです。確かにドイツでは、血液型の
O型も「ゼロ型」と呼ばれていますから、「◯」は即座に
「無」を連想させる記号なのでしょう。しかも、選挙の
投票用紙にしても、アンケートにしても、該当する欄に
記入するのは、◯印ではなくて×印。テストの解答が
正解でも、丸は決してつけません。つまり、×印こそが
「正しいもの」なのであって、◯印に対してポジティブな
印象は持たないわけです。

E1324012742305_1.jpg

「-と◯なんて、本当にわかりにくい電源表示ですね」と
皮肉こめてを言おうものなら、日本通のドイツ人がすかさず
猛反撃してくるはずです。「日本の、ホテル予約状況画面の
◯△×の方が、はるかに判りにくいですよ」と。◯印に
対してポシティブなイメージを持たないドイツ人にとって、
◯印=空き部屋有りだとは、とうてい想像できないことの
ようです。ましてや、三角形などは言うに及ばず。

逆に、親しみのある×印がついている日付は、部屋が
予約できそうな気がするらしいのです。

実際、ドイツ人向けの日本語講座の授業中に、
「◯印の日と、二重丸の日では、どちらの方が
空き部屋が多いと思いますか?」と質問してみると、
大半の生徒が「◯印の日だと思う」と回答しました。
二重丸はゼロがふたつ重なっているわけで、負の
イメージが倍増するだけなのでしょうか。

日本の◯はドイツの×。記号に抱くイメージを国別に
比較してみるのも、なかなかおもしろそうです。(柴山香)

ソース 1 2
関連記事
スポンサーサイト

category: 海外

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1384-96b98ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。