移転しました 移転しました ドイツの成績のつけ方がカオス - 秒刊 IT & Games

秒刊 IT & Games

シンプルに、IT関連・ゲームなどを中心にニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドイツの成績のつけ方がカオス  


複雑すぎる・・・
E1323765715300_1.jpg

ドイツの学校にも、日本の小中高校と同様に通知表が
存在します。通知票の成績評価は、教科別に点数で
表されており、最高評価は「1」。数が大きくなるのに
反比例して評価は下がり、「5」や「6」はできれば
お目にかかりたくない数字。「5」が最高で「1」が
最低の日本とは、単に数の大小が逆になっているだけ
ですので、日本人にもわかりやすいと思いきや、
一筋縄ではいかないのがドイツの通知表。

例えば、ドイツの成績の「2」と「3」の間に、「2~3」とか
「2マイナス」とか「2プラス」という中間評価が挿入される
ことが多いのですが、これが不明確で不可解極まりない
クセもの。そもそも、「2プラス」と「2マイナス」、どちらを
もらったら嬉しいのか、おかわりになりますか?

まず「2~3」という成績ですが、これは「2」と「3」の
ちょうど中間という意味。最初から素直に「2.5」と
表記してくれればどんなにわかりやすいことか。
続くクセものは「2プラス」と「2マイナス」。イメージ的に、
「2プラス」は2より大きい数で、「2マイナス」は2より
小さい数ですから、数が小さいほど高成績のドイツでは、
「2マイナス」の方が成績が良いような印象を受けますが、
これがなぜか逆。

なぜなら、「2プラス」は2.0よりも良い成績(つまり、
プラスのイメージ)であり、逆に「2マイナス」は2.0より
悪い成績(つまり、マイナスのイメージ)ととらえるので、
「2プラス」の方が良い成績ということになります。

さて、ここまで辛抱強くお読み下さった皆さまに
おかれましては、すでにかなり脳内が混乱していることと
お見舞い申し上げます。最後に、評価数値をすっきり
まとめてみたいと思います。

ドイツの通知表(成績が良い順に)

1.0
1マイナス(最高点である1.0になるには、もう一歩足りないイメージ=1.25に相当)
1~2(=1と2のちょうど中間=1.5に相当)
2プラス(2.0と1~2の中間評価=1.75)
2.0
2マイナス(2.0と2~3の中間=2.25)
2~3(=2.5)
3プラス(3.0と2~3の中間=2.75)
3.0
3マイナス(3.0と3~4の中間=3.25)
3~4(=3.5のこと)

ちなみに、最低評価は一般的に「6」ですが、
「6」という数値は落第を意味しますので、その
教科が必須科目である場合は、翌年に再履修せねば
なりません。小学校はおろか、幼稚園から小学校1年生に
入学する時点で、すでに留年があり得るシビアな
ドイツの進学進級制度。たとえ義務教育期間であろうとも、
常に留年の可能性がつきまとう中、明日からもまた、
「2プラスと2マイナスって、どっちが良い成績なんだっけ?」に
頭を悩ます日々が続きます。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1323765715300.html?_p=2

複雑すぎ。
いっそ、10段階にしたら・・・
は禁句
関連記事
スポンサーサイト

category: NEWS

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tempspersonne.blog.fc2.com/tb.php/1316-ac801406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。